咬み合わせと体調不良の関係

咬み合わせと体調不良の関係…
全身の健康に影響する咬み合わせとは!?
当医院では矯正歯科治療との一環治療による改善を行います。

咬み合わせと体調不良

あなたは、次のようなことに悩まされていませんか?
頭痛、肩こり、首すじのこり、背中の痛み、腰痛、目のかすみ、難聴など明確な原因がわからないのに体に不調を訴えるものを「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と言います。これらの症状は、「あごのずれ」が原因で起こっており、症状に悩んでおられる多くの方は様々な診療科で治療法を試され、その度にあきらめてきたと思います。

あごの位置(咬み合わせ)は、”咬むこと”や”のみこむこと”や”話すこと”の他にも体全体のバランスに影響し、正常なあごの位置をつくることは健康な体を手に入れることにつながります。

あごと全身の関係… 

あごの位置のずれは、体の重心(体の平衡や重量バランス)との関係が深いと考えられています。
あごの位置がなんらかの理由でずれると、そのあごを保っている頭・首・頚・肩部の筋肉に変化が出、頭部や頚椎、肩部の骨にずれが生じます。これは、さらに脊柱にも影響を与える可能性もあります。

顎関節症

いわゆる顎関節症といわれる症状も、このようなあごのズレ咬み合わせの悪さから顎関節の筋肉や靭帯に負担がかかり、一つの局所の症状として発症する場合があると考えられています。

また、顎関節症は外傷、歯ぎしり、くいしばり、ストレス等の様々な因子も発症に関与すると云われておりますが、原因不明のものも数多くあります。

顎関節症は一般的に初期症状として口を開閉する時、顎の関節の靭帯部分(顎関節円板)で音(関節雑音)がするといったことから始まる場合が多いのですが、そのまま急激に症状が進行する方は少ないようです。

しかし比較的僅かとも思える咬み合わせの悪さや、左右のバランスの悪さが原因で靭帯が次第に損傷し、やがて口が開かなくなったり、ひどい痛みを伴ったりするといったように症状が進行する場合も見られます。

矯正歯科との一環治療による改善

このような不定愁訴を訴える様々な全身随伴症状を有している方は一般的に成人女性に多く見られます。

香川矯正歯科医院ではその改善のために一般的諸検査だけでなく、下顎運動記録解析装置(シロナ ソアナライジング システム)やフットビュークリニック(足圧分布測定システム)などによる精密な検査データを基に診断し、下顎位是正装置を用いた治療を行った後、更に矯正歯科治療を行うという一環の治療を行って多くの好結果を得ています。

  • 香川矯正歯科医院 OFFICIAL SITE
  • 梅田オフィス OFFICIAL SITE
  • 院長の部屋 OFFICIAL BLOG