院長紹介

日本矯正歯科学会 専門医 香川 正之
日本矯正歯科学会認定の矯正専門医が技術と安心をお約束します。
全国でもわずか301名(2016年現在)の矯正専門医のうちの一人である、香川院長による矯正歯科治療

略歴

1968年 香川県立丸亀高校卒業
1975年 大阪歯科大学卒業
1975年 大阪歯科大学歯科矯正学講座入局
1979年 香川矯正歯科医院開設
1990年 大阪歯科大学より歯学博士の学位受領
1990年 大阪歯科大学歯科矯正学講座非常勤講師
1990年 日本矯正歯科学会認定医・指導医
1993年 大阪歯科大学歯科矯正学講座嘱託指導医
2006年 日本矯正歯科学会専門医取得
2010年 日本歯科審美学会認定医取得
2012年 日本アンチエイジング歯科学会認定医取得
歯学博士
日本矯正歯科学会専門医
日本矯正歯科学会指導医
日本矯正歯科学会認定医
日本歯科審美学会認定医
日本アンチエイジング歯科学会認定医
著書(共著)
(共著)Profile of Orthodontic Excellence -Complication of treatment Results in Asian Cases Useing the Alexander Discipline(1994)
(共著)The Next Level in Orthodontics(2004)
(共著)図説 直立動態と心身症状(2013)
(共訳)アレキサンダー ディシプリン 長期安定性(2014)

所属学会

国内
日本矯正歯科学会(代議員)
近畿東海矯正歯科学会
日本成人矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会
日本舌側矯正歯科学会
日本歯科審美学会(理事)
日本アンチエイジング歯科学会(理事)
日本口蓋裂学会
日本顎変形症学会
日本アレキサンダー研究会(元世話人代表)
近畿矯正歯科研究会
大阪歯科大学歯科矯正学講座同門会(役員)
海外
ワールド舌側矯正歯科学会(認定医・正会員)
ヨーロッパ舌側矯正歯科学会(認定医・正会員)
アメリカ矯正歯科学会(国際会員)
アメリカツィード矯正歯科学術会(正会員)
World Federation of Orthodontists
その他 所属団体
吹田江坂ライオンズクラブ
大阪丸高同窓会(会長)

日本矯正歯科学会の認定制度の仕組み

全国矯正歯科のわずか1.3%の「専門医」とは?

日本では、歯科医師であれば、矯正歯科医と名乗ることができます。
矯正歯科について特別に学んでいない歯科医師でも、矯正歯科の診療を始めることが可能です。
国が公式に認めている矯正歯科学の統括的専門学会の日本矯正歯科学会が経験や知識などに基づいて、"専門医"、"指導医"、"認定医"という資格制度をつくり、患者様が治療を受ける上で、歯科医師の選択が可能になっています。

専門医、指導医、認定医は、日本矯正歯科学会の認定委員会によって知識、経験に基づき判断され、認定しています。
全て、様々な条件をクリアして認定される厳しい資格です。

矯正専門医

全国に301人(2016年現在)

日本矯正歯科学会は、従来、認定医と指導医という2種類の資格を認定していましたが、2006年から新たに“専門医”という資格認定を始めました。
専門医に認定されるには、さまざまな条件を満たす必要があります。

認定医資格を取得後、2回以上更新試験に合格していること
最近10年以内に矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があること
学会の指定した10種類の治療例を提示して最低基準をクリアすること
口頭試問に合格すること

矯正指導医

全国に約400人

13年以上日本矯正歯科学会の会員であること
認定医資格を取得してから、大学の矯正歯科において教育指導歴が3年以上あること
学会の定める試験に合格すること

矯正認定医

全国に約3,000人

  • 5年以上日本矯正歯科学会の会員であること
  • 2年以上大学の矯正歯科で研修医をした後、学会指導医の下でさらに3年以上矯正歯科に専門的に従事すること
  • 学会誌にオリジナル論文を発表すること
  • 学会の定める試験に合格すること
  • 香川矯正歯科医院 OFFICIAL SITE
  • 梅田オフィス OFFICIAL SITE
  • 院長の部屋 OFFICIAL BLOG