咬み合わせの改善

専門医による"咬み合わせ治療"
悪い咬み合わせやあごのずれは、体全体のバランスに影響し、正常なあごの位置や咬み合わせに改善することは健康な体を手に入れることにつながります。

あなたの咬み合わせは本当に大丈夫!?

「通常通りごはんも食べられるし、自分は歯の咬み合わせは問題ない」「歯並びもいいから大丈夫」と思っている方も多いと思います。

しかし、実は症状が出ていないだけで、咬み合わせが正しくないことがよくあります。
咬み合わせ不良は、どのようにして起こっているのでしょうか。

咬みあわせが悪くなる原因とは…

咬み合わせ不良の原因として、先天的のものと後天的なものとがあります。

先天的な原因
  • 遺伝
  • 全身疾患
  • 歯の大きさや数、舌の大きさの異常など
後天的な原因
  • あごの成長に悪影響を及ぼすような病気・外傷
  • 口呼吸
  • 指しゃぶりや唇を咬むといった悪い癖

食生活の変化が近年もっとも危惧されています。
最近、食文化が西洋化されてきて、柔らかい食べ物が多くなり、現代人が物を咬む量は格段に減っています。
本来は、良く咬むことで歯が磨り減り、自然とその人に合った咬み合わせが出来上がってきます。

しかし現代人は、咬むことをしなくなり、正常な咬み合わせを作ることが出来なくなり、様々な不正咬合(ふせいこうごう=上下の歯が正しく咬み合っていない状態)になっているのです。

咬みあわせが悪いことが理由で起きる症状

咬み合わせが体に与える影響とはどのようなものでしょうか。
咬み合わせがずれると、首の筋肉の収縮バランスなどの崩れにつながります。
そうすると、頭部や咀嚼筋(そしゃくきん)、筋肉の収縮バランスが崩れることで、頭骸骨(ずがいこつ)が歪み、背骨がずれて、重心がずれる、といった症状が起こってきます。
体のバランスをとっている背骨が曲がることで、万病の元になります。

つまり、咬み合わせの良し悪しは体のいたるところに不具合が生じる原因となります。
咬み合わせが悪いことで、引き起こされる症状で多いものは以下のものがあります。

顎関節症(がくかんせつしょう)

多くの方がまず気付くのが、顎(あご)の痛みや顎が鳴るといった症状です。顎に痛みを感じたり、顎が鳴ったり、口を大きく開けることができないなど、これらの症状は顎関節症の典型です。

不定愁訴(ふていしゅうそ)と呼ばれる症状

首こり、頭痛、腰痛、肩こりなどの不定愁訴と呼ばれる症状が出てくる場合があります。

※不定愁訴
上記症状のように、何となく体調が悪いという自覚症状が出てきますが、原因となる病気が検査をしても発見できない状態をいいます。

耳周辺の症状

難聴やめまい、耳の痛みや耳鳴りというような、耳周辺の症状が出てくる場合があります。

口関連の症状

味覚異常、口が乾く、歯や舌の痛み、食べ物を飲み込みずらい。などの口関連の症状が出てくる場合があります。
これらの症状の大半は、全身的な疾患で、咬み合わせの悪さが原因ということが思いつかない場合がよくあります。
それにより、自分の咬み合わせを見直す機会がほとんどないという方が多いのが現状です。
確かに肩こりや頭痛などで悩んでいるときに、歯科医院に行くという発想になる方は少ないですよね。

咬み合わせを少し調整するだけで、今までの症状が改善され、それまでの苦しみが嘘みたい!と皆さん感激されるのも事実です。香川矯正歯科医院のホームページをご覧になった患者様の中で、体に不調があって、色々な診療科を受診したけど治らなかったり原因すら分からないとお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度お気軽にご相談ください。

咬み合わせCHECK!!

下記チェック項目が5個以上該当すると、歯並びや咬み合わせに問題がある場合があります。
あれ!?おかしいな?と感じたら当院にまずはお問い合わせください。

  • 片方の歯でしか食べ物を咬まない癖がある。
  • 上と下の正中線(上下の前歯の真ん中を結ぶ線)がずれている。
  • 奥歯で咬んで、「いーっ」と口を開けたときに、上と下の歯の間がすき間があいている。
  • うどんやスパゲティ等のめん類が、前歯で咬み切ることができない。
  • 上の前歯より下の前歯が前に出ている(反対咬合)。
  • 歯列から飛び出している歯や、八重歯がある。
  • 全体的にがたがたしていて歯並びが悪い。
  • 歯と歯の間に、すき間が空いている(空隙歯列)。
  • 歯を咬み合わせた際に、下の歯がほぼ見えない。
  • 唇が歯に引っかかることがある。
  • 知覚過敏の症状がある。
  • 香川矯正歯科医院 OFFICIAL SITE
  • 梅田オフィス OFFICIAL SITE
  • 院長の部屋 OFFICIAL BLOG